デッキ紹介

【セイヴァー型ジャンド】デッキレシピ

デッキ紹介

はじめに

アニメ『遊戯王5d’s』で、不動遊星が使用したカードを使用していきながら、展開していく先攻展開型のデッキです。特殊召喚を繰り返していき、大型のシンクロモンスターを出すことを目指していきます。
そのため、「灰流うらら」や「増殖するG」などの手札誘発を受けやすいのですが、展開が通った場合には一気に勝ちに持っていくことのできるテーマでもあります。

【セイヴァー型ジャンド】デッキレシピ

【セイヴァー型ジャンド】デッキの解説

展開の要となるカード

「ジャンク・コンバーター」

このデッキで展開するために必須であるシンクロンモンスターを手札に加えることができるカードです。
効果のコストとしてチューナーを必要としますが、このデッキには多くのチューナーが入っており、「調律」などチューナーを手札に加えることのできるカードが入っているため、最大限に活かすことができます。

「ジェット・シンクロン」

実際に展開を行なっていくためのカードの1つです。展開方法は後で詳しく解説しますが、このカードと手札一枚で展開することができます。
またこのカードも、「調律」や「ジャンク・コンバーター」などで手札に加える事ができるため、安定して展開する事ができます。

展開を通すために必要なカード

「抹殺の指名者」、「墓穴の指名者」

前述したように、このデッキは手札誘発を非常に受けやすいデッキです。そのため、手札誘発を防ぐ「抹殺の指名者」と「墓穴の指名者」を両方とも採用しています。

「冥王結界波」

このデッキは、先攻で輝くデッキです。そのため後攻になった場合、妨害を突破できずに負ける可能性が高くなっています。
そこで、チェーンを組ませずに相手フィールドの全てのモンスターの効果を無効化できる、「冥王結界波」を採用しています。代替案として「ライトニングストーム」も考えたのですが、チェーンを組ませずに相手の盤面に触れることができる「冥王結界波」を選びました。

【セイヴァー型ジャンド】展開例

展開例① 「ジェット・シンクロン」 + 手札1枚

【結果】

  1. 「フルール・ド・バロネス」
  2. 「シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン」

必要な手札は、「ジェット・シンクロン」と「ジェット・シンクロン」の墓地効果を使うために必要な手札一枚です。

この展開方法は、手札に「幻獣機オライオン」が来てしまうと出来ません。そのため事故を防ぎたいのであれば、「幻獣機オライオン」を複数採用してもいいかもしれません。
それでは展開の説明をしていきます。

【展開①の手順】

  1. 「ジェット・シンクロン」を通常召喚。
  2. 「ジェット・シンクロン」をリンク素材として、EXデッキから「リンクリボー」をリンク召喚。
  3. 墓地の「ジェット・シンクロン」の②の効果で手札を一枚墓地へ送り、自身を特殊召喚。
  4. 「リンクリボー」と「ジェット・シンクロン」をリンク素材として、EXデッキから「水晶機巧-ハリファイバー」をリンク召喚。この際、「ジェット・シンクロン」は②の効果によって、除外される。
  5. 「水晶機巧-ハリファイバー」の1の効果を発動。手札・デッキから「ブンボーグ001」を特殊召喚。
  6. 「水晶機巧-ハリファイバー」と「ブンボーグ001」をリンク素材として、EXデッキから「幻獣機アウローラドン」をリンク召喚。
  7. 「幻獣機アウローラドン」の①の効果を発動。自分のフィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3)を3体特殊召喚。
  8. 墓地の「ブンボーグ001」の①の効果を発動。墓地から自身を特殊召喚。
  9. 自分フィールドの「幻獣機アウローラドン」と「ブンボーグ001」1体をリリースし、「幻獣機アウローラドン」の②の効果を発動。デッキから「幻獣機オライオン」を特殊召喚。
  10. 「幻獣機オライオン」と「幻獣機トークン」1体をリンク素材として、「アクセル・シンクロン」をシンクロ召喚。
  11. 「幻獣機オライオン」の②の効果を発動。「幻獣機トークン」1体を特殊召喚。
  12. 「アクセル・シンクロン」の①の効果を発動。デッキから「スターダスト・シンクロン」を墓地へ送り、レベルを9にする。
  13. 墓地の「スターダスト・シンクロン」の①の効果を発動。フィールド上の「幻獣機トークン」1体をリリースし、自身を特殊召喚。
  14. 「スターダスト・シンクロン」の②の効果を発動。「光来する奇跡」をデッキから手札に加える。
  15. 手札から「光来する奇跡」の①の効果を発動。「想い集いし竜」をデッキの一番上に置く。
  16. 「スターダスト・シンクロン」と「幻獣機トークン」2体をシンクロ素材として、「ブラッドローズ・ドラゴン」をシンクロ召喚。
  17. 「光来する奇跡」の③の効果を発動。デッキからカードを1枚ドローする。
  18. ドローした「想い集いし竜」の効果を発動。自身を特殊召喚し、デッキから「妖醒龍ラルバウール」を特殊召喚。
  19. 「アクセル・シンクロン」と「妖醒龍ラルバウール」をシンクロ素材として、「フルール・ド・バロネス」をシンクロ召喚。
  20. 「ブラッドローズ・ドラゴン」と「想い集いし竜」をシンクロ素材として、「シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン」をシンクロ召喚。

【盤面】
これでフィールド上に、モンスター・魔法・罠カードの発動を無効にできる「フルール・ド・バロネス」と、相手の効果の発動を無効にできる「シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン」が並びます。

展開例② 「ジャンク・コンバーター」 + 手札にチューナー

【結果】

  1. 「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」
  2. 「コズミック・ブレイザー・ドラゴン」「シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン」
  3. 「シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン」

必要な手札は、「ジャンク・コンバーター」と、チューナーモンスター1体です。

それでは展開の説明をしていきます。

【展開②の手順】

  1. 手札の「ジャンク・コンバーター」とチューナーを墓地へ送り、「ジャンク・コンバーター」の効果を発動。デッキから、「ジャンク・シンクロン」を手札に加える。
  2. 「ジャンク・シンクロン」を通常召喚し、「ジャンク・シンクロン」の効果を発動。墓地から、「ジャンク・コンバーター」を守備表示で特殊召喚。
  3. 「ジャンク・シンクロン」と「ジャンク・コンバーター」をシンクロ素材として、「ジャンク・スピーダー」をシンクロ召喚。
  4. 墓地の「ジャンク・スピーダー」の効果をチェーン1、「ジャンク・コンバーター」の効果をチェーン2として効果を発動。このチェーンの組み方をしたのは、「ジャンク・スピーダー」の効果に「灰流うらら」の効果をケアすることができるためです。チェーン2の「ジャンク・コンバーター」の効果で、シンクロ素材に使った「ジャンク・シンクロン」を墓地から特殊召喚する。
  5. チェーン2の「ジャンク・コンバーター」の効果で、シンクロ素材に使った「ジャンク・シンクロン」を墓地から特殊召喚する。
  6. チェーン1の「ジャンク・スピーダー」の効果で、デッキから「ジェット・シンクロン」、「スターダスト・シンクロン」、「サテライト・シンクロン」を特殊召喚。
  7. 「スターダスト・シンクロン」の効果を発動。「光来する奇跡」を手札に加える。
  8. 「ジェット・シンクロン」と「ジャンク・スピーダー」をシンクロ素材として、「スターダスト・チャージ・ウォリアー」をシンクロ召喚。
  9. 「スターダスト・チャージ・ウォリアー」の効果を発動。デッキからカードを1枚ドロー。
  10. 手札から「光来する奇跡」を発動。①の効果で、デッキの一番上に「想い集いし竜」を置く。
  11. 「サテライト・シンクロン」と「スターダスト・チャージ・ウォリアー」をシンクロ素材として、「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」をシンクロ召喚。
  12. 「光来する奇跡」の③の効果を発動。デッキからカードを一枚ドロー。
  13. ドローした「想い集いし竜」の効果を発動。手札から自身を特殊召喚し、デッキから「妖醒龍ラルバウール」を特殊召喚。
  14. 「妖醒龍ラルバウール」の効果を発動。手札を一枚墓地へ送り、デッキから「ドッペル・ウォリアー」を手札に加える。
  15. 「妖醒龍ラルバウール」と「スターダスト・シンクロン」をシンクロ素材として、TGハイパーライブラリアンをシンクロ召喚。
  16. 「ジャンク・シンクロン」を墓地へ送り、墓地の「スターダスト・シンクロン」の効果を発動。自身を特殊召喚。
  17. 手札の「ドッペル・ウォリアー」の効果を発動。自身を特殊召喚。
  18. 「スターダスト・シンクロン」と「想い集いし竜」と「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」をシンクロ素材として、「シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン」をシンクロ召喚。
  19. 「ドッペル・ウォリアー」の効果をチェーン1、「TG ハイパーライブラリアン」の効果をチェーン2として効果を発動。
  20. チェーン2の「TG ハイパーライブラリアン」の効果で、デッキからカードを一枚ドロー。
  21. チェーン1の「ドッペル・ウォリアー」の効果で、「ドッペルトークン」を2体攻撃表示で特殊召喚。
  22. 「スターダスト・シンクロン」と「ドッペルトークン」1体をシンクロ素材として、「ガーデン・ローズ・メイデン」をシンクロ召喚。この際、「スターダスト・シンクロン」は除外される。
  23. 「TG ハイパーライブラリアン」の効果を発動。デッキからカードを一枚ドロー
  24. 手札を一枚墓地へ送って、墓地の「ジェット・シンクロン」の効果を発動。自身を特殊召喚。
  25. 「ジェット・シンクロン」と「ドッペルトークン」1体をシンクロ素材として、「フォーミュラ・シンクロン」をシンクロ召喚。
  26. 「フォーミュラ・シンクロン」の効果をチェーン1、「TG ハイパーライブラリアン」の効果をチェーン2として発動。
  27. チェーン2の「TG ハイパーライブラリアン」の効果で、デッキからカードを一枚ドロー。
  28. チェーン1の「フォーミュラ・シンクロン」の効果で、デッキからカードを一枚ドロー。
  29. 「フォーミュラ・シンクロン」と「TG ハイパーライブラリアン」、「ガーデン・ローズ・メイデン」をシンクロ素材として、「コズミック・ブレイザー・ドラゴン」をシンクロ召喚。
  30. 墓地の「ガーデン・ローズ・メイデン」を除外し、墓地の「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」を対象として「ガーデン・ローズ・メイデン」の効果を発動。墓地からクリスタルクリアウィングシンクロドラゴンを特殊召喚。

【盤面】
「TG ハイパーライブラリアン」と「フォーミュラ・シンクロン」、「スターダスト・チャージ・ウォリアー」のドロー効果によって、手札を補充しつつ展開していくことが出来ます。
最終盤面では、妨害力の高い「コズミック・ブレイザー・ドラゴン」、「シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン」、「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」の3体が場にいるため、優位にゲームを動かすことが出来ます。

おわりに

展開力だけでなく、安定感も増したことで手札誘発を積みやすくなったジャンドデッキ。気になった方は、自分で構築してみてはいかがでしょうか。構築の手助けになってくれたら幸いです。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました