デッキ紹介遊戯王

【ヒートソウル来てくれ…】コードトーカー【デッキ紹介】

デッキ紹介

はじめに

今回は、アニメ『遊戯王VRAINS』の主人公「プレイメーカー」が使用したコードトーカー関連カードを使用したデッキについて紹介いたします。

『マスターデュエル』ではまだ登場していませんが、次回のパックで「デコード・トーカー・ヒートソウル」が登場するかもしれないため今回紹介させていただきます。

また今回紹介するのは、【展開型】ではなく【罠型】の構築です。この記事を見て、どちらの型が良いのか判断の材料になれば幸いです。それでは紹介していきます。

構築紹介

強み

デッキの自由枠が多い

展開するために必要なカードが少ないため、環境によって採用するカードを変更することが出来ます。例えば「デスピア」が流行っている環境では、「屋敷わらし」や「次元障壁」などのメタカードを大目に採用することが出来ます。

これらのカードは展開に関わることがないカードなので、展開用のカードとそれ以外のカードで分けやすいのも特徴です。環境への理解度が強さに比例するデッキになっています。

ヒートソウルで妨害カードを手札に加えられる

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
②:自分・相手ターンに1000LPを払って発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。その後、自分のLPが2000以下の場合、以下の効果を適用できる。
●フィールドのこのカードを除外し、EXデッキから「デコード・トーカー・ヒートソウル」以外のリンク3以下のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。

このカードの効果はざっくり言うと、お互いのターンにライフを1000払うと1枚ドローできるというものです。基本的にこのカードが出せた場合には、相手は「灰流うらら」などを持っていないことがほとんどなため、基本的に2ドローすることが出来ます。このドローによって次のターンの展開につながるカードや追加の妨害手段を加えられるため、大きなアドバンテージを得ることが出来ます。

弱み

墓地をメタられると行動不能になる

「マイクロ・コーダー」や「コード・ジェネレーター」、「トランスコード・トーカー」などは墓地に関連した効果を持っているため、墓地をメタられると効果を発動できない状態になってしまいます。1ターンのものであれば罠カードや手札誘発でどうにかすることが出来るのですが、永続的に続くとどうにもならず負けてしまいます。

ヒートソウルの効果を防がれるとジリ貧になる

このデッキの展開では手札にリソースを残すことが難しくなっています。展開でリソースを回収することが出来ず、罠カードで妨害を行うためです。そのため自分エンドフェイズには手札が残っていない状態もよく起こります。

そのため手札の補充が行える「デコード・トーカー・ヒートソウル」が手札補充・妨害増加の点で重要です。しかしここに妨害を食らってしまうとドローフェイズの勝負になってしまい、罠カードを引いてしまうと状況をひっくり返されることがあります。そのため罠カードや手札誘発の枚数も気にして構築する必要があります。

展開の要となるカード

マイクロ・コーダー

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる。
②:このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「サイバネット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。フィールドのこのカードを素材とした場合にはその1枚をサイバース族・レベル4モンスター1体にできる。

コード・ジェネレータ―

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、手札のこのカードもリンク素材にできる。
②:このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから攻撃力1200以下のサイバース族モンスター1体を墓地へ送る。フィールドのこのカードを素材とした場合には墓地へ送らず手札に加える事もできる。

どちらも手札でリンク素材にできるカードです。「マイクロ・コーダー」が魔法・罠カードを手札に加える効果、「コード・ジェネレーター」は「デッキからモンスターを墓地へ送る」効果を持っています。「マイクロ・コーダー」が妨害効果を持ってくる、「コード・ジェネレータ―」で「ドットスケーパー」を落とすと考えると楽です。

基本的な展開 レディデバッガー

それでは展開方法を見ていきましょう。これは「レディデバッガー」1枚での展開です。まずは、この展開をした後のフィールドの紹介です。

結果

  • 「デコード・トーカー・ヒートソウル」
    お互いのターンにカードを1枚ドロー
  • 手札が5枚(相手ターンに1枚ドローできる)

上記のような盤面を作ることが出来ます。一見すると弱い盤面に見えますが、このデッキでは手札誘発と魔法・罠カードを使用して妨害を行うため、手札が妨害手段になっています。

必要な手札

  • レディデバッガー

それでは次に、この展開の具体的な説明をしていきます。最初は文字をすべて覚えるのではなく、一つ一つカードを動かしながらだと覚えやすいと思います。

展開手順

まとめ

この展開方法が基本的な【コード・トーカー】の展開です。デッキの枚数を減らしながらドローが出来るため、妨害カードを手札に加えることが出来ます。

おわりに

いかがだったでしょうか。今後「ヒートソウル」が登場するかどうかはまだ分かりませんが、「ヴァレルエンド・ドラゴン」が登場したこともあり期待が高まっています。これまではなかなか厳しい活躍だった【コード・トーカー】デッキがより活躍してくれることを祈っています。

このサイトでは、遊戯王についての様々な記事を投稿しています。もし参考になりましたら、ほかの記事も読んでいただけると幸いです。ここまでご覧いただきありがとうございました。

遊戯王 パック 発売予定日

da1ke1をフォローする
だいけいのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました